Search
Search Menu

知っておきたい!運転免許の種類について

第一種運転免許で運転できる自動車の種類と取得可能な年齢について

運転免許は第一種運転免許、第二種運転免許、仮運転免許の3つの区分に分かれており、それぞれ運転できる自動車の種類も異なります。第一種運転免許は、バイクや自動車など、日常の生活で運転する際に必要な免許となっています。一般的な運転免許は、この第一種運転免許になります。大型免許、中型免許、普通免許、大型特殊免許、大型二輪免許、普通二輪免許、小型特殊免許、原付免許、けん引免許といった種類に分かれており、取得年齢や運転可能な自動車の種類もそれぞれ異なります。

大型運転免許は21歳以上から取得可能な免許で、大型自動車、中型自動車、普通自動車、小型特殊自動車、原動機付自転車を運転することができます。中型免許の取得可能な年齢は20歳以上で、中型自動車、普通自動車、小型特殊自動車、原動機付自転車が運転できます。小型特殊自動車とは農耕トラクターやフォークリフト、小型除雪車などを指します。原動機付自転車は一般的に「原付」と呼ばれているもので、スクータータイプのものやフルオートバイタイプのものがあります。

普通免許、大型特殊免許、大型二輪免許、けん引免許は18歳以上から取得することができる免許です。運転可能な自動車は、普通免許は普通自動車、小型特殊自動車、原動機付自転車となっており、大型特殊免許は大型特殊自動車、小型特殊自動車、原動機付自転車です。大型特殊自動車とは、フォークリフトやクレーン車といった特殊車両のことを指します。大型二輪免許は大型自動二輪車、普通自動二輪車、小型特殊自動車、原動機付自転車を運転することができます。けん引免許の場合は重被牽引車を運転することができますが、大型免許、中型免許、普通免許、大型特殊免許と合わせて取得する必要があります。

第二種運転免許で運転できる旅客自動車の種類と仮免許の詳細について

第二種運転免許は、バスやタクシーなど、旅客を乗せるための自動車を運転する際に必要な免許です。旅客を乗せるので免許の取得条件は第一種運転免許よりも厳しく設定されています。取得可能年齢は21歳以上で、既に第一種運転免許を取得しており、3年以上運転経験のある人しか受験することができません。免許の種類は、普通第二種免許、中型第二種免許、大型第二種免許、大型特殊第二種免許、けん引第二種免許などがあります。普通第二種免許を取得すれば普通自動車を運転することが可能です。中型第二種免許の場合は中型自動車と普通自動車、大型第二種免許なら大型自動車、中型自動車、普通自動車を運転できます。大型特殊第二種免許は大型特殊自動車、けん引第二種免許はけん引自動車を運転することが可能です。

仮運転免許は、運転免許を取得するための前段階です。この免許があれば、運転免許取得のために路上で運転の練習をすることができます。大型仮免許、中型仮免許、普通仮免許の4種類があり、全て適性試験を受けてから6ヶ月間有効です。車に「仮免許練習中」という標識が付いています。

どの自動車の免許を取得したいのか考えよう

運転免許と一言で言っても、普通自動車や大型自動車、特殊車両など種類は様々です。自分がどの自動車を運転したいのかをじっくり検討してください。